岸和田城挙式・神社挙式

ちきりのお城、岸和田城天守閣での人前結婚式。

いま注目されている「和婚」を、歴史あるお城で挙げてみませんか。挙式を行う天守閣からの眺めは絶景ですよ♪
お城をバックにした写真は、まるでお殿様とお姫様のよう。最高のロケーションで、記憶に残るドラマチックなウェディング。ゲストの皆様にも楽しんでいただけるはず!

こんな方におすすめ

  • 和装、和婚がしたい
  • 岸和田が大好き
  • 人とは違う結婚式がしたい
  • ゲストにも楽しんで欲しい
  • フォトロケーションにこだわりがある
  • ドラマチックな演出がしたい

【岸和田城】
伝承では、建武新政期に楠木正成の一族和田高家が築いたといわれています。
天正13(1585)年、羽柴秀吉は紀州根来寺討滅後、伯父小出秀政を城主とし、秀政によって城郭整備され、天守閣もこの時に築かれました。
その後寛永17(1640)年、岡部宣勝が入城すると、以後明治維新まで岡部氏13代が岸和田藩を統治しました。
本丸と二の丸を重ねた形が、機(はた)の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ているため、千亀利城(ちきり城)とも呼ばれています。「契り」とかけて縁結びとしても知られています。
【岸城神社】
岸和田城の鎮守神社として知られる神社。
岸城神社は縁結びの神としても篤い信仰を得ています。
昔、岸和田城は「ちぎりの城」といい、その鎮守神であった岸城神社は「ちぎりの神」と呼ばれておりました。
岸城神社で授けられるお守り「ちぎりの糸」は、男性は赤い糸、女性は白い糸を衣服に縫うと縁が深まるといわれています。
※本殿空調完備

 

フォトギャラリー

挙式

  1. 教会式・人前式

    本物の教会だけが持つ、伝統に育まれた厳かさと温かさ。その得がたい雰囲気の中での挙式は、また大きな感動を約束してくれます。

  2. 神前式

    厳粛な雰囲気の神殿におふたりの和装姿も美しく映え、日本古来の伝統的なしきたりを重んじる神前式。 雅楽の音色が響く中、おふたりで交…

  3. 岸和田城挙式・神社挙式

    いま注目されている「和婚」を、歴史あるお城で挙げてみませんか。挙式を行う天守閣からの眺めは絶景ですよ♪ お城をバックにした写真は…